ペアーズ(Pairs)攻略法〜お付き合いを申し込むタイミングは?



>>ペアーズの公式ページを見てみる →pairs

お付き合いの申し込みを何だと考えているか?

お付き合いの申し込み、つまり、「あなたの事が好きだからお付き合いして下さい。」という愛の告白を何だと考えるかが重要です。

よくあるドラマや漫画のように、イチかバチかや、相手を振り向かせるための道具として、愛の告白をとらえているようでは、恋愛はなかなか難しくなるでしょう。

そもそも、人の心とは、好きな人に好きだ好きだと言い続けても、相手が自分を好きになってくれるわけではないのです。

ここを勘違いしてしまっているといいますか、まるで、自分が好きだという好意を伝えれば、相手が自分を好きになってくれる(少なくともその可能性がある。または自分を好きになれと頼む)なんてあり得ません。

人は、好きな人から好きと言われたら嬉しいが、好きでない人から好きと言われたら、嫌な気持ちになるのです。

そういう意味で考えれば、お付き合いを申し込むタイミングは、相手が自分の事を十分に好きだと思うタイミングです。

なので、間違っても、いいねを押すタイミングでの初回メッセージや、まだお会いする前にお付き合いを申し込むことはまずうまくいきません。(もちろん絶対ではありませんが)

ベストなタイミングとしては、何回かお会いしてお互いに好意があると十分に確認できたタイミングがベストでしょう。

ただし、これは一般論であって、人によっては、初めて会った時にそのままお付き合いを申し込んでうまくいったケースや、または、1年以上も知り合い以上友達未満な関係を続けたのち、やっと好意を持ってもらうケースもあります。

ただ、これはケースバイケースというよりも、つまりは、お互いがお互いに好意を持っているかが大事なのです。

一般的には、見た目が良く、年齢も若い方が、お付き合いまでの時間が短くて済む場合が多いでしょう。

逆に見た目に自信が無く、かつ、年齢が高くなるにつれ、お付き合いまでの時間は長くかけた方がいいでしょう。

また、お付き合いのタイミングが遅くなってしまい、チャンスを逃してしまうのではないかと心配する必要はありません。

お相手の欲しいものは、「愛の告白」ではなく、一緒にいて楽しい時間や幸せな時間です。

もし相手があなたに好意を持っていたら、お付き合いのタイミングに焦らなくともあなたから離れていくことは無いでしょう。

しかしながら、逆にあなたに好意を持っていない状態でお付き合いを申し込んでしまうと関係が悪くなってしまう可能性があります。

そういう意味でも、お付き合いの申し込みはじっくり焦らずです。

もしも、お付き合いの申し込みをするかどうかで悩んだ場合は、相手に自分をもっと好きになってもらうよう、自分磨きに励む方がいいでしょう。

お付き合いの申し込み方をもっと深く知りたい方へ


ペアーズ専門のマッチング・アドバイザーが、お付き合いの申し込み方の秘伝を伝授いたします。
サイトでは書けない内容盛りだくさんです。
購読は無料ですので、ぜひご登録下さい。

ペアーズ(pairs)専門マッチング・アドバイザーによる
サイトには書けないマッチング講座
メールアドレスを入力して、登録を押して頂きますと、ペアーズ専門のマッチング・アドバイザーがペアーズでマッチングさせる方法を手取り足取りお伝えいたします。
ペアーズ登録による特典の受け取り方もこのメルマガ内でお伝えしております。
お名前 必須
メールアドレス 必須

内容

  • 思わず自己紹介を読みたくなるプロフィール写真とは?「ぜひ会いたい!」と思わせる自己紹介文の書き方とは?
  • サバ読みは有り?効果的なPairsプロフ、詳細プロフの書き方
  • ダメもとではダメ?マッチング確立を3倍にするいいねの押し方
  • やり取りのたびに距離が近くなるメールのやり取り方法
  • 会ってがっかりされない「実物の方が素敵です」と言われる出会い方
  • 「1回会って終わり」にならない、出会ってからお付き合いまで持っていく方法